新そばの季節です。

山忠の齊藤です。

以前お伝えした「おそば」の話、おぼえていらっしゃいますか?

収穫までにはまだまだなんて言っていたら、いつの間にか刈り入れまで終わってしまっていたようです。
そばの花

さて、収穫が済み、乾燥が終わればいよいよ「新そば」の時期です。

当社でご用意の「そば」も11月から新蕎麦に切り替わります。

でも、少し前まで長野の新そばの時期は暑くなりはじめる5月だったんです。

というのも、お米の収穫が終わり、野菜や果物などの農産物の片づけが終わるか、終わらないかの頃、蕎麦の刈り入れになります。

そして、そこから冬の寒さに充てて、じっくり乾燥させて、厳しい冬場の非常食。そうでなければ、年明けの気温がしっかり緩む頃、つまり五月頃に出して、楽しんだそうです。

今は早生種(早く収穫できる種類)や農業機器も発達して、早い時期に収穫出来、冬だからといって山間部に閉じ込められることもないので、この11月が新蕎麦の時期になるんですね。

是非当社の新蕎麦はいかがですか?

 

そばイメージ_DSC6831【リンク】石臼挽き生そば

 

山忠の齊藤でした。

This entry was posted in 店長ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>