白い帽子の北アルプス

a0001_013486山忠の齊藤です。

写真はイメージですが、信濃の冬支度の目安の一つに、雪山が有ります。

雪も標高の高い所から振るようになりますが、2000メートル、3000メートル級の山々がひしめく、長野では、高い鋭い山ほど、写真のように白い帽子をかぶるわけです。

こんな風に、雪や寒さ、霜(気温が0℃を下回って、色々なものが凍ってしまうこと)を「おりてくる」と言います。

まさに、山の上から寒さが少しずつ「おりてくる」イメージを抱いたのいたのかもしれません。

夜は気温が下がって、同じように「おりてくる」わけなんですが、以前にもお伝えしたとおり、日中と夜間の気温差が大きく、体がついてこなくて、この時期は体調を崩される方も多いようです。

かくいう、齊藤も先日まで鼻かぜに悩まされておりました。

やはり、夜は暖かいものを食べて、温かい恰好をして、お風呂でしっかりあったまって床につかないといけないようです。

こんな気温差のなかですが、夏の疲れをしっかりとっておかないと、冬に入って本格的に病んでしまうようですね。

アルプスの白い帽子は恐ろしさと美しさがあるわけです。

さて、長野のふゆ、温かい食べ物といえば・・・・

a0002_011253これ

山忠のおそばはいかがですか?

【リンク】山忠の石臼挽き生そば

この三昧が当社の一番人気です。

よかったら、どうぞ。山忠の齊藤でした。

This entry was posted in 店長ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>