大寒と小正月

山忠の齊藤です。

本日は大寒、または、小正月の終わりともいわれます。

でも、どちらも今ではあまり使われない古い風習です。今日は、そんなものを紹介出来ればと思います。

「大寒」

こちらは二十四節季のひとつで、元々は中国の気候風土を基に、季節の装いに名前がついたものだったようです。

とりわけ、この「大寒」は一年のうちで一番寒い時期とされています。

 

「小正月」

小正月はもともと日本では、満月から次の満月までを一ヶ月としており、正月ももちろん十四夜月の晩でした。

現在の暦に改められてからは、その意味合いが変わり、小正月は「子供の正月」「女正月」「農具の年越し」等と色々な呼ばれ方をしています。

でも、今は小正月なんていっても、分からない人の方が多いかもしれませんね。

正月の終わりは1月15日とも、1月20日ともいわれております。

あとは「どんど焼き」「成木責め」「嫁たたき」「蚕祭り」などが行われます。

地元の行事も何を祈ったものなのかが分かると、子供でなくても参加しやすいものかもしれません。

 

山忠の齊藤でした。

 

This entry was posted in 店長ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>