もうすぐ、バレンタインデー

a1370_000412山忠の齊藤です。

もうじき、あの日がやってまいります。

そう、バレンタインデー。

チョコレートは大好きですが、バレンタインデーは昔から縁遠いです。

今日は最近のバレンタインのお話です。

バレンタインというと、聖バレンタインという聖人の命日で、というのが一般的ですが、バレンタインといって大騒ぎするのは日本人ばっかりみたいです。

元々、チョコレート屋さんが、愛する人にというような販売促進で始めたみたいです。

ところが最近では、「義理チョコ」「友チョコ」「ご褒美チョコ」と、様々。

義理チョコは書いて字の通り、「義理」のある人にあげるチョコで、形式的に配るものらしいですね。最近では、「義理」チョコを禁止している会社もあるみたいです。

本当なら、女から男性に渡されるチョコレートを、同性の女友達に渡す。義理チョコから発展して友に渡すチョコで、友チョコなんてのが今のトレンドです。

高級チョコレートのお店でも、男性向けなシックなデザインから、女性向けのかわいいデザインのチョコレートが増えてきているみたいですね。

たしかに、甘いものが大好きな「すい―つ男子」なんて言葉があるぐらいですから、甘いものが得意じゃない「男子」も多いんだと思うんですよ。

さて、最後は「ご褒美チョコ」。高いチョコレートになると、一箱5粒で2000円なんて話も聞く、チョコレート。果たして、そんなもの上げて見返りがあるのか、と、経済的に考えるなら自分で食べたほうが絶対にお得です。

という話でした。

 

 

This entry was posted in 店長ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>