昨日は中秋の名月

山忠の齊藤です。昨晩は『中秋の名月』。

月を愛でる風習は縄文時代からあったみたいですが、『中秋の名月』という呼び方は、中国の『仲秋節』が由来で、向こうでは大きくお祝いをするようです。

大きなお祭りではありませんが、松本市の国宝松本城でも、『月見の宴』という観月会が行われているようです。

5221

リンク:【松本城 月見の宴】(長野県公式観光ウェブサイト『さわやか信州旅.net』へのリンクです)

 

ただ、今年は今晩までです。今日は十六夜(いざよい)。少しかけてしまいますが、古城とともに楽しまれてはいかがでしょうか?

余談ですが、玉子の黄身や黄色みがかって、丸い食べ物を「月見」といって食べるのは、日本だけらしいです。

おやきもお団子の代わりとはいかないでしょうが、気温が下がって随分美味しい季節になってきました。いかがでしょうか?

12181704_50d0239865309

 

リンク:【山忠】そば粉入りふっくらおやき

This entry was posted in 店長ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>