週末は稲刈りでした。

山忠の齊藤です。お彼岸を前後して、田舎の秋はいよいよ忙しくなります。みのりの秋といいますが、農家の一大作物、米が収穫の時期を迎えます。

20130924_093748

齊藤の実家でも、売るためではなく、自宅で食べるように、米を作ります。秋の一大イベントが「稲刈り」です。

刈った稲を束にして、写真のように干しておきます。

ここまでの作業を「稲刈り」と呼び、干した稲からお米の元になる籾(もみ)を収穫することを「脱穀(だっこく)」と呼んでいます。古い言い方なら「稲こき(いねこき)」といいます。

この稲刈りから脱穀までの間が、天候に恵まれれば一週間、恵まれないと一ヶ月たっても脱穀ができません。

実は籾の中にある水分を減らし、日持ちするように干しているんですね。

ですので、兼業農家の方々は天気予報とにらめっこして、何とかお休みに稲刈りができるように、苦心しているわけなんです。

この稲刈りが重労働で、最近では、稲刈りから脱穀、乾燥までを全てをやってしまうコンバインという機械が主流です。「ごしたい」ことは機械がやってくれちゃうわけです。

(「ごしたい」 信州の方言、疲れた、大変だの意味)

そんな米農家さんたちも、自家用米はこっそり写真のような「稲架掛け(はさかけ)」にして、自分たちだけで楽しんでいるようです。

もし、手間がかかっている「稲掛け米」を食べる機会があれば、そんなことを思い出して頂ければ幸いです。

先日お届けした、そばの収穫はまだまだ先です。そばの風味は秋の空っ風が作るのかもしれません。

【リンク】:そば粉入りふっくらおやき

This entry was posted in 店長ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>